SD Rジャジャ

ガンプラを作ることを楽しみにしている、2児の父のブログです。 日々試行錯誤しつつ、楽しんで作っていきたいと思います。
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015/08/18(火)
 昨日は、脚部のポリ関節をいじって交換しましたが、思ったよりうまくいったかな~と^^

 今日はあまり進みませんでしたが、紹介します^^

      IMG_2051.jpg

 膝当ての部分を少し下げてみました(^O^)

 現在は両面テープで付けてあります。

 これだけでも大分印象が変わる気がします^^

      IMG_2050.jpg

 スカートはやはり短くするとして、足首の部分も少し切り詰めようかと思います(^^ゞ

 と同時に、頭部・・・

 一応、新しいサザビーのものを使おうかと思ったのですが、やはり大きすぎるかも・・・

 ということで、三国伝の司馬懿サザビーの頭部化ほかのキャラのものを使おうかと考えています^^

 あとは、それらのキット、どこにやったかな(^_^;)

 
 ちなみに、以前作ったSDドーベン・ウルフを組み直してみました。

      IMG_2049.jpg

 やはり三国伝キットの頭部がよさそう♪

 腹部や腕部もいじりたいけど、頭部を見つけて一回置いて見ようと思います(^O^)
スポンサーサイト
2015/08/17(月)
 子供たちの頑張りに感化され、遅くまで作業を進めてみました^^

 まずは足回りの接続慈雨の構築をしないと、不安定なままなので大腿部からの軸を受けるために、⑩のポリキャップではなくあまっていたPC-123プラスのIのポリキャップを使うことに。

      IMG_2039.jpg

 これまでのキット製作でちょうど良いものが余っていました^^

 この幅が⑩のものよりも広いので、久関節の接続の軸受けを左右、約2mmカットして、挟み込みました♪

      IMG_2041.jpg

 それぞれのカットの幅にずれが生じてしまいましたが、取り敢えず収まったようです(^^ゞ

      IMG_2043.jpg

 更に足首付近の部分は⑩のポリキャップやキットのパーツを活かしたかったので、5㎜ほど詰まるようにカットして詰めるようにしました。

 左が元のパーツで、右がカットしてから収まるように削ってから接着したもの。

      IMG_2045.jpg

 そして、隙間を黒い瞬着で固めてから、形を整えました。

 強度もそれなりのようなので、安心です。

 左右同じように加工すると・・・

      IMG_2044.jpg

 Rギャギャ仕様になっていますが、こんなイメージになります。

 膝のパーツの位置を下げて、フロントスカートをもう少し短くすると、よりいいイメージになるような気がしますが、上半身の腕をいじってからか、腹部の関節を構築してからになるかもしれません(^^ゞ

 とはいえ、少しでも進められたので、今夜は良しとしたいと思います(^O^)

 
 
2015/08/14(金)
 今日は朝から、町内会の盆踊りの準備をしに行ってきました(^O^)

 少々疲れはしたものの、終わった後ビールを2杯程いただき、心地よい気分に・・・

 夕方からの盆踊りでは、来賓接待をしに行くので、今夜は作業できないかもしれません(^^ゞ


 ひとまず、昨夜の進捗です^^

 前回は左足を加工したので、続きとして右足。

 左足の加工で要領を得ている分、作業はやや早いのですが、脛のパーツのすそを切り出すのがなかなか大変でした(^_^;)

 ラインを気にせず、カットソーできれば楽なのですが、やはりエッチング鋸での作業は時間がかかります。

 そんなこんなではありますが、マスキングテープやら両面テープでパーツを付けてみると・・・


      IMG_2018.jpg

 ひとまずこのように。

 腕の長さはもちろん、スカートの長さも調整しなければなりませんが、脚部はこのような感じで行こうかと考えています。

 一方で、脚部の関節を調整しなければならないので、どちらかに手を付ける予定です。
2015/08/12(水)
 今日が渋滞のピークとやらで、高速道路はあちこち渋滞しているようです。

 昨日は、家族で箱根の彫刻の森美術館に行ってきました(^O^)

 様々な彫刻作品が見られるのはもちろんのこと、子供たちが遊べる場所がそろっているのが良いな~と思いました^^

 更に箱根は東京と比べて、少し涼しく歩いていてもだいぶ楽でした。

 絵を描くのが大好きな小1の長女は、以前から美術館に興味があったようで、喜んでいました♪



 そんなではありますが、昨夜の作業について・・・

 仮のものですが、頭部はサザビーのものをベースにしようかと考えています^^

      _MG_1948.jpg

 この状態で少し大振りなので、三国伝の司馬懿サザビーから持ってくるかもしれませんが・・・

      _MG_1952.jpg

 新しいSDサザビーを基に様子を見ながら進めていくことにします♪

 上半身はある程度前回のイメージで進めるとして、まずは脚部から進めることにします。

      _MG_1949.jpg

 まずは、脚部サイドについているスラスター。

 これを、

      _MG_1950.jpg

 カットしました^^

 使うかどうかわかりませんが、一応綺麗にとっておきたかったので(^^ゞ

 結局は新造してしまう方が早かったりするのでどうなるかわかりませんが^^

 そして、後ろのバーニアを付けたまま切ります。

      IMG_2006.jpg

 これももったいないような気がしましたが、真ん中のバーニアの分詰めることで、バランスがとれそうだったのでこのようにしてみました。

 この際、脹脛の左右の黒っぽいパーツも付けたままカットしました^^

      IMG_2007.jpg

 この後、バーニア1個分の長さを詰めました。

      IMG_2008.jpg

 それを仮に組んでみると、

      IMG_2009.jpg

 5mmほど詰まったような気がします(^O^)

 元のパーツと比べてみると、

      IMG_2010.jpg

 少しは詰まったかな(^^ゞ

 もう少し縮めたいところですが、これ以上詰めるのは後でもできるので、先に脚部の裾の方を縮めることにします。

 様子を見て、裾周りを5㎜ほど詰めることにします。

 今回はノギスを使って、下のところから5mmのところに線を引く様にします。

      IMG_2012.jpg
 
 写真が少しわかりにくいですが、このようにすると、同じ幅で線を引くことができます^^

 わたしの使っているノギスが長さを固定できるタイプではないので、正確ではありませんがある程度そろえられるので良い感じです。

      IMG_2013.jpg
  
 このラインをニードルでなぞってからエッチング鋸で切っていきました。

      IMG_2014.jpg

 曲面に対しても程よくなじむので、元のラインを維持して切ることができました^^

      IMG_2015.jpg

 時間はかかりますが、ジックリやっていくとこのように切ることができましたヽ(^ω^)ノ

 もう片方も同じことをするのを少々ためらいながらも行い・・・

      IMG_2016.jpg

 関節を入れていないので、余計に詰まって見えますが、大分良い感じになったのではないかと思います。

 これから、関節の分をどうするか迷いますが、なんとなくイメージが持てたので、調整しながらやっていくことにします。

 何はともあれ、もうk他方この作業を進めなければならないという・・・

 頑張ることにします^^
2015/08/11(火)
 SD Rジャジャ、重い腰を上げて回収を始めました^^

 これまで脳内モデリングで進めていたので、少しずつ形にしていきたいと思います。

      _MG_1941.jpg

 取り敢えず、頭部は何かのキットベースで作るとして、胴体から。

      _MG_1942.jpg

 旧キットの時代にはなかった腹部のパーツ(^O^)

 これをまずはずして、銅を短くしたいところですが・・・

      _MG_1943.jpg

 腰のあたりの6角形のパーツがぶつかって、詰まりづらくなってしまいます。

 また、ここがつぶれた方がSDっぽくなるかと考え、カットすることにしました^^

      _MG_1944.jpg

 ハイパーカットソーでカット♪

 外装?の金色っぽいパーツはこの後調整します(^O^)

 腿と膝の関節を抜いてから、組み合わせてみると・・・


      _MG_1946.jpg

 このような感じに・・・

 まだイメージはつかみづらいのですが、この後各部を詰めなくてはいけません。

 ふくらはぎの濃いグレーの部分のパーツも手を入れて、もう少しスマートにしたいところですが、脳内モデリングをしていても、ここが悩みどころでした(^^ゞ

 とはいえ、手を付け始めたので、MK2等をいじりつつ、少しずつ進めていきたいと思います(^O^)

 | Copyright © てってけHobby日記・改 All rights reserved. |  Next

まとめ / Template by パソコン 初心者ガイド
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。