てってけHobby日記・改2012年11月

ガンプラを作ることを楽しみにしている、2児の父のブログです。 日々試行錯誤しつつ、楽しんで作っていきたいと思います。
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012/11/25(日)
 濱オフやTwitterでお世話になっている、ハナバタさんが、23日に実践した短時間モデリング=衝動モデリングをみんなでやろう!と呼びかけられていました。

 衝動モデリング、というのは、衝動に駆られるままに、継ぎ目も消さず、ストレートに組んで黒立ち上げから、パーツを外すことなく塗装するというものでした。

 これを拝見して、これなら、罪を減らせるのではないかと考え、挑戦することにしました^^

 もともと、twiterを見ていて、いいな~と思ったのですが、一気に完成させるのはとにかく楽しそうだと♪

 ちなみに、スタートは24日午後9時!キットは旧キットという縛りでした。

 最初は、ドムトロピカルタイプに挑戦しようとしたのですが、見つからなかったので、ザクデザートタイプに決定!!

    DSC_2121dz (2)

 このパケ絵が子どものころから大好きで、いつかはこのパケ絵や完成見本のように作りたいと思いつつ、キットそのものも手をさせないままでいました。


 この後長くなりますので、興味のある方は、続きをご覧ください。
>> 「衝動モデリング ザクデザートタイプ」 の続きを読む
スポンサーサイト
2012/11/24(土)
 昨夜、何とか完成したので、今朝、写真を撮ってみました^^

 _MG_88463 (1)

 ガンプラを作り始めて、初めての戦車となりました^^

 最初はどうなることかと思ったのですが、予想以上に作りやすく、楽しめました。

 _MG_88463 (2)

 これまで、戦車系には、あまり手を出してきませんでしたが、改めてカッコイイな~と♪

 _MG_88463 (3)
 
 こういう構図、息子は大好きそうw

 _MG_88463 (4)

 スコップやら斧やらトンカチなど、細かい物もあって、楽しいものです。

 _MG_88463 (5)

 いまさらですが、煤などの表現も行えばよかった・・・

 _MG_88463 (8)

 一応、全体をエナメルのフラットアースでウォッシングした後、タミヤアクリルのバフを薄く吹いてみました。

 対して調べてはいなかったので、ネットや本で見かけてやってみたかったので、挑戦してみました。

 _MG_88463 (9)

 足回りには、タミヤのウェザリングマスターのマッドを塗りつけ、上面はサンド&ライトサンドを軽く振って、トップコートの艶消しを吹きました。

 _MG_88463 (f6)

 そして、一番苦労したフィギュア!

 以前にも書きましたが、この雰囲気に惹かれ、このキットを購入することに決定しました。

 それを何とか、塗装してみました。

 顔、特に目は何度も塗っては、削って修正してやっとここまで・・・

 それなりに雰囲気が出せたかと思います^^

 
 全体を振り返ってみても、デカールを貼り忘れたり、作り込が甘いこともありますが、こだわり過ぎると、いやになりそうなので、これで終わりとします♪

 最初にやってみたかった、ジオラマですが、しばらくしたらこれをもとに挑戦したいと思います^^

 ちなみに、これは近所のタムタム相模原店のP-1グランプリに参加してきます。

 きっと上手な方から比べると、どうかと思いますが、あまり気負わず祭りに参加する気持ちで楽しみたいと思います\^O^/ 
2012/11/23(金)
 ここの所、少々忙しく・・・まあ、来週も詰まっていそうですが(^_^;)、あまりすすめられませんでした^^

 今日は少しゆっくりできたので、進めてみました。

    DSC_20831 (1)

 一番の問題は、このフィギュア!

 いつかはやらねばと思ってましたが、いよいよ挑戦♪

 そもそも、このフィギュアにも挑戦したくて、このキットを買ったのでやるしかない!

 ということで、基本となる、フレッシュとフィールドグレー、ブラックそれぞれ艶消しのタミヤアクリルで塗装しました^^

 その上から、エナメルで表情を書き入れ、服の凹凸などを少しでも表現しようとして、エナメル数色でウォッシングしました。

 その結果が、こちら

    DSC_20831 (4)

 これ以上のアップには耐えられないかもしれませんが、初めてということで、これでOKとします。

 これを見た妻も、「良い感じ」ということなので、まずは成功♪

 今後、少しずつレベルアップしていきたいと思います^^

 そして、三突本体にも、各種の付属品を接着し、このように。

    DSC_20831 (3)

 これで、本体をウォッシングして、足回りを簡単に汚して、完成となりそうです^^

 なんだかんだと時間はかかりましたが、楽しみながらできました。
2012/11/20(火)
 高機動型ゲルググとともに進めてきた、三号突撃砲ですが、現状は・・・

    DSC_20803 (1)

 フィギュアの継ぎ目消しを行っています^^

 一応、タムタムのP-1グランプリの参加期日が25日!

 ジオラマとなると、本を購入してみたのですが、やりたいことががっつりと出てきてしまいました(^_^;)

 ということで、やっつけでジオラマに走っても、よくないと判断し、今回はジオラマを断念します(>_<)

 ただ、このキットが帰ってきたら、またジオラマの続きを行おうかと考えています^^

 お楽しみがちょいと先に延びたことにします。

 楽しみにされていた方には大変申し訳ありませんが、ジオラマの方はしばしお待ちくださいm(__)m

 ちなみに、

    DSC_20803 (2)

 1/100MGゲルググver.2を引っ張り出してみました^^

 これを参考にすると、可動させるポイントがはっきり決められそうです♪

 話は戻って、三号突撃砲ですが、連休でフィギュアを塗って、ウェザリングを済ませて、おこがましくも、P-1グランプリに参加まで持っていこうかと思います^^
2012/11/19(月)
 三号突撃砲の制作を楽しみつつ、密かにプランを練っていたのが、これ

    DSC_20201.jpg

 780円とそれなりにお得なタイタス^^

 このキット、というか、HG-AGEのキットは、基本的に各関節でパーツを分けることができるので、個人的には大好きです^^

 おまけにタイタスの脚部関節は、ジオンの重MSに似合いそうで・・・

 とりあえず、撮り貯めたアニメなどを見ながらだらだらと素組みしました。

    DSC_20491.jpg

 このタイタス。

 素立ちだと、なんとも間の抜けたような・・・

 しかし、ポーズを付けと・・・

    DSC_20541.jpg

 やはり、脚部はノーマルのものを使った方が、ポーズが決まります♪

 というアホなことは置いておいて・・・

 本題である、ジョニゲルにタイタスの脚部を合わせてみました。

    DSC_20731.jpg

 ここから、いろいろ手を加えなければいけませんが、このタイタスの脚部をフレームに使えば、キットの外形をそれほど弄ることなく、可動域を広げることができるのでは、ないかと^^

 まあ、HGUCを使えば、問題は一気に解決できるのでしょうが、これがまた楽しみ!

 ということで・・・

 ちなみに、上半身、特に腕部はHIPS関節を使おうかと考えています。

 ・・・となると、タイタスの足は余っていたのだから、作ることなかったかも・・・

 と、終わってから気づきました(^_^;)

 まあ、下半身の基部に使ったり、本体も、フレームとして使えそうなので、気にせず楽しんでいきたいと思います\^▽^/
2012/11/14(水)
 前回の、本体の塗装に引き続き、ジャッキやら、スコップやそのほか諸々の細かい付属品を塗装しました。

   DSC_20171 (1)

 今回、初めてタミヤのアクリル塗料を使ったのですが、個人的な感覚としては、クレオスの物よりも、負で塗りしても乾きが早く感じました。

 ムラも大して気にならず、これはこれで扱いやすいかと^^

 まだ、それぞれの柄の部分や車体につけるための金具の部分の塗装がありますが、絵の部分なども、同じく、タミヤのアクリルで塗装する予定です。

 本体はこのままと考えてもいたのですが、戦車をやるなら!!

 と、



    DSC_20171 (2)

 タミヤのアクリルのレッドブラウンを使って、エアブラシで塗装しました。

 予備知識もないまま、完成見本を参考にしながら、入れてみました。

 もっと細吹きができれば、いいのでしょうが、まだ慣れてないこともあり…

 ただ、私にとっては、このような迷彩は初挑戦なので、ちょっとわくわくしながら吹いていました。

 難しく考えがちですが、気の向くままにやってみるのは、やっぱり楽しいな~と思います。

 最後はジオラマ風にしようかと考えているので、次あたり本命に取り掛かろうかと思います^^
2012/11/13(火)
 昨夜の塗装の続きです^^

 下地のサーフェーサーEVOブラックを塗装してから、モデグラのワルシャワ条約機構特集でMAX渡辺さんがやっていた、下地塗装を試してみました。

 この黒い下地に、写真がブレてしまいましたが、

    DSC_20101.jpg

 赤い斑点を!

 これだけで、妙に表情が変わるから楽しいです^^

 さらに、

    DSC_20111.jpg

 青い斑点を追加♪
 
 写真は、次の緑を少し拭いてから気づきましたが・・・

 最後に、

    DSC_20141.jpg

 緑の反転を追加\^▽^/

 これだけでもいいかと思ってしまいました^^

 ただ、ダークイエローも捨てがたかったので、様子を見ながら吹いていきました。

    DSC_20151.jpg

 結局、ダークイエローの色味を強く意識したため、それまでの下地の処理を活かしきれてないような感じになってしまいました。

 ただ、途中のほんのり、3色が浮かぶあたりは、すごく楽しかったものです^^

 考えてみれば、途中でクリアイエローを吹くということも、できたかもと今更ながら思いました(^_^;)

    DSC_20161.jpg

 何はともあれ、これで基本塗装は終わり♪

 時間はかかりましたが、妙に楽しくて時間を忘れて吹いてました(^_^;)

 ちなみに、これが初グラデーション塗装!

 グラデ塗装にはまりそうな予感もしました^^
2012/11/12(月)
 とりあえず、反対の面も着けられるパーツは着けてみました。

    DSC_20071.jpg

 これで、一応の完成!!

 この後、塗装して、細かいパーツを別に塗装してから貼り付けます。

 そして、最後にお楽しみ^^

 ということで、

    DSC_20081.jpg

 塗装しやすいように、スプレー缶のふたに両面テープを貼って、底面と着けます。

 このあたり、ガンプラの竹串の山と違って、一気に塗装できるので、結構いいかもしれません。

    DSC_20091.jpg

 写真はぶれてしまいましたが、ガイアのサーフェーサーEVOの黒をベースの色として、塗りました。

 まとめて塗ることができるので、いいかもしれませんが、細かい部分も漏れがないようにするためには、これはこれで、苦労します。

 おまけに、手が疲れる~(^_^;)

 結構時間はかかります。

 次回はちょっと試してみたい、ものがあるので、それに挑戦してみたいと思います^▽^
2012/11/11(日)

 昨日は時間があった割には、手は動かませんでした。

 とはいえ、だいぶ形が見えてきました^^

 ということで、何かの参考になるかわかりませんが、作業工程を紹介します。

    DSC_19981.jpg

 前回に続き、車体上部にパーツを付けました。

 そしていよいよ、砲身へ^^

    DSC_1999.jpg

 砲身の基部?の工作。

 DSC_2000.jpg

 砲身を組みました^^

 やはり戦車はこれがなくては♪

 ちなみに、キットは、長砲身の7.5㎝砲と、短砲身の10.5㎝砲の選択式です。

 今回は、単砲身の10.5㎝砲を選びました。    

    DSC_2001.jpg

 これまでの部分を組んでみました。

 車体上部と、砲台を組む際にちょっとはめ込みにくいこともありましたが、ここまで来ると、テンションがさらに上がります♪

    DSC_2002.jpg

 続いて、スモークディスチャージャーとノティックライトの組み立て。

 部品が細かいので、ピンセットを使って組む必要がありました(^_^;)

 部品をなくしそうで、かなりひやひやしました。

    DSC_2003.jpg

 砲台の上の装甲と、スモークディスチャージャーを接着。

 キャタピラも着けました。

 これで、大分戦車らしくなりました♪

    DSC_2004.jpg

 次は細かい部品・・・

    DSC_2005.jpg
 
 キューポラやら、予備ホイール、ジャッキ、シャックル?クリーニングロッドなど細かいものを・・・

 シャックルや、クリーニングロッドなどどのように使うのか、調べたら、さらに楽しめそうです^^

   DSC_2006.jpg

 側面にフックなど細かい部品も着けました。
 
 これで、大体の部分は終わりかと・・・

 スコップやらなんやら細かいものは、塗装してから組むのがよさそうです^^ 
   
 あとは、反対側と、機銃やらなんやら♪

 シュルツェンなる側面追加装甲を付けるかは、ちょっと悩みます。

 できれば、今日には、大体の塗装を済ませたいところですが、明日の用意やら、部屋の片づけなどでどうなるか、ちょっと微妙です^^

 ずをコンに向けて、ガンプラも少し触れたいですしね\^O^♪ 
2012/11/10(土)
 昨日は、早く帰るつもりが、上司とちょっと飲んできました。

 結局は、ちょっと飲む予定が、飲みすぎて、旅に出ることに…

 これはこれで楽しいのですけど♪

 三号突撃砲を少し進めてみました。

    DSC_19961.jpg

 車体の上部にそれぞれのパーツを接着していくのですが、その前に説明書のように、ガイドパーツを使って、接着するパーツの配置位置を書き込む作業があり、とても新鮮な気がしました。

 このようにパーツを接着していく作業は、懐かしい!

    DSC_19971.jpg

 だいぶ組み上がってきました^^

 そろそろ楽しみな、砲身を作るところまでいけそうです。
2012/11/08(木)
 地道に、少しずつ制作してます^^

 今回は特に地味♪

   DSC_1990.jpg
   DSC_1989.jpg

 マフラーの部分を接着しました。

 このサイドのパーツが細かいこと!

 なくしそうで怖い(>_<)

    DSC_1991.jpg

 外装のパーツ?を接着。

 この部分は別売りのエッチングパーツがあるとのこと。

 当然今回は使わず^^

 いつかは使うのでしょうか?

    DSC_1992.jpg

 そして、大変だった、ホイールの組み立て♪

 全部で、12個必要で、二つのパーツを貼り合わせて完成。

 ということで24個切り出します。

 何が大変かというと、車輪の面にパーティングラインが現れるので、かんな掛け+やすり掛け・・・

 これだけで、何か嫌になりました(^_^;)

    DSC_1993.jpg

 ホイール関係、先の12個も含めて完成。

 戦車にはつきものなんですようね。

 考えてみれば・・・

 まるで、MGザクのパイプの処理のようww

    DSC_1995.jpg

 これまでのパーツに合体!!

 これだけでも、かっこよさを感じます^^

 なんとなく戦車っぽくなってきましたW

 明日は早く帰宅して、制作する時間に充てたいところです。

2012/11/07(水)
 三号突撃砲G型を組み始めました。

 当然ながら、ガンプラよりもパーツが細かく、接着剤が必要なので、旧キットではありませんが、昔よく作ったプラモデルの楽しさを改めて感じます^^

    3DSC_1985

 まずは、車台?にサスペンションを付けます。

 これらの接着は流し込み接着剤を使って行っています。

 ガンプラ(スナップフィットのキット)のパチパチ感とは、違いますが、組みあがっていくだけで、妙にテンションが上がります♪

 なんとなくムカデのようでもあり、これが動いたら楽しそう\^▽^/

    3DSC_1987

 続いて、上部転輪の接着。

 転輪の部分は黒く塗装すると指示がありましたが、コメントをいただいたように、細かいところは難しく考えすぎず、まずは組むことを優先してみます^^

 これらの転輪は動きませんが、見ていると、動き出しそうで楽しいですw

 まずは、ここまでといったところですが、これはちょっとはまりそう^^

 ただ、少しずつ組み上がっていくわくわく感は、ガンプラにも勝るとも劣らず。

 子どもの頃、戦車を作った時は、接着剤でべたべたになった記憶しかないので、リベンジする気持ちもわいてきました^^


 また、これを組んでいると、逆に、ずをコンどうしようかな~とか、濱オフ作品どうしようかな~など、さらに楽しめるような気がします。

 できれば、今週中組み上がるよう頑張っていきたいと思います^^
 
2012/11/06(火)
 実は、以前タムタム相模原店で、「なめっがいが」で位をいただき、その際に、商品券を3000円分をいただきました。

 その3000円分、何に使おうと思ったのですが、ふと、スケールモデル専門のP-1グランプリに参加するキットを買おうと!

 もともと、いつかは戦車を作ってみたかったし、せっかくいただいたものなので、お店のコンペを盛り上げるべく(数が多い方が、盛り上がると思い・・・)、怖いもの知らずにも参加してみることにしました^^

 そのキットは、これ!

    3DSC_1981

 ふと目が留まった、三号突撃砲G型!!

 ちょうど価格も、3000円を切り、気になるものも同梱!!

 ということで、購入を決定しました\^O^/

 中身を空けてみると・・・

    3DSC_1984
 
 パーツが多い&細かく、ちょっと興奮します^^

 何よりも台車?の部分の存在感や、腕パーツの上面装甲にやられます♪

 さあ、初の戦車!

 突撃砲ですが、楽しんで作ってみたいと思います。

 ただ、締め切りは、11月終わりごろ・・・

 
 本当に無謀な話ではありますが、できれば、地面などを作って、簡単なビネット風にしてみようと思います

 またもタイトなスケジュール&細かい作り方はよく知りませんが、ダメもとで挑戦したいと思います^^

 ということで、突撃砲70%、高機動型ゲルググ30%ほどのバランスで、進めていく予定です。
 
2012/11/05(月)
 先日、息子と劇場版ガンダムを見ながらパチパチとリゲルグを組んでみました。

 リゲルグは、ベースがゲルググキャノンで、肩やバックパック、そして、頭部が新規のようで、顔の雰囲気もちょっと違って、さらにカッコ良い感じに^^

 
    DSC_1977.jpg

 と言いつつ、前にあるのは息子のジェノアス^^

 バックパック私に奪われているため、埋め合わせにジョニゲルの方のキャノンのランドセルを背負っています。

 その他、ジョニゲル付属のキャノン用ロケットランチャーやバズーカを装備。

 おまけに、頭部が見つからなかったので、同じくキャノンの頭部を載せてみましたw

 何とも独特な雰囲気になります^^

 息子は、この重武装化に大喜び!!

 頭部は微妙な笑みを見せてましたが(^_^;)

 このように、足元にもう一個ロケットランチャーがあるように、リゲルグにも付属しているため、私などは、両腕に装備させたくなります♪

 ちなみに、旧キットゲルググ、ジョニゲル(バックパックなし)、リゲルグにて記念撮影。

    DSC_19801.jpg

 形成色の違いもありますが、キットの進化もそれなりに感じられるかとw

 まあ、ジョニゲルと、リゲルグには大差がないですが・・・

 なんにせよ、ここから少しずつ手を付けて、行きたいところですが、ちょっと忘れていたものがあったので、そちらと同時並行でいく予定です。

 実質的には、日程の都合で30%ほどになるかと思いますが、のんびり楽しみたいと思います^^
2012/11/04(日)
 昨日、濱オフに参加してきました^^

 総勢15人ほど集まり、楽しい一時を過ごすことができました。

    PB030009.jpg

 まずは、今回集まった作品の集合写真^^

 様々な作品が集まりました。

 それぞれ見ているだけで、幸せな気分に♪

 申し訳ないことに、アルコールの影響か、ブレブレになってすべてを紹介できませんが、何点か紹介させていただきます^^

     DSC_1979.jpg

 のりさんのフルアーマーのメサイア、この重武装のファイター形態がぐっときます^^

 仕上がりがとてもきれいで、惚れ惚れしました。
 
     DSC_11980.jpg


 akiさんのMKⅡ!

 ver.1もやっぱりいいですね^^

 この後、ディフェンサーを装備した姿も見せていただきました♪

    DSC_1983.jpg

 中央が、ざく太郎さんのテカテカのグリフォンに、イングラム、そして、ザク06R-1Aシンマツナガ機。

 グリフォンのテカリ具合は、見事なものでした^^

 右奥の青いジ・オはゼッツーさんの作品。

 存在感が半端ありません。

 その隣が、PIXYさんの旧キット1/100ゲルググ!

 独特の影の入れ方が、素晴らしかったです^^

 こういう表現方法もあるのだと、感心させられました。

 その左隣は、トロワさんの旧ザク。

 以前見せていただきましたが、渋い仕上がりがたまりません^^



    DSC_19842.jpg

 ブレ気味で申し訳ありませんが、MASAKIさんのジム改!

    DSC_1985.jpg 

 こちらもブレてしまいましたが、奥が同じくMASAKIさんのスコープドック。

 ジオラマを作成されているだけあって、MASAKIさんの作品は、渋くてカッコイイです。

 そして手前が、akiさんのMGザクの迷彩仕様♪

 ザク祭りの際も見せていただきましたが、これを塗るのも大変そうです^^;

    PB030003.jpg

 そして、のりさんのザブングル!

 重武装となっていて、このゴテ盛り感が大好きです^^

    PB030005.jpg

 埼玉人さんの旧キット大改修した1/144旧ザク。

 手書きマーキングに、ウェザリングも素晴らしですが、このスタイルがたまりません^^

 いつかは挑戦したいものです。

    PB030006.jpg


 ゼッツーさんのMGバンシィ!

 蛍光塗料のおかげで、ブラックライトを当てると、美しく輝きます。

 つい群がってしまいました\^O^/

 その下には 同じくゼッツーさんのライガーゼロパンツァーと、のりさんのガンスナイパーがあります。

 この2体でも撮ったのですが、写真がブレブレになり残念・・・

 DSC_1981.jpg

 ブレてしまったのですが、ハナバタさんのガダッカ^^

 何とも言えない可愛さがあります。

 そして、同じくハナバタさんのMGのZ

 いつかはこんなカッコイイZを作ってみたいと思いつつ、手が出せません。

 PB030011.jpg

 こちらは、見辛いのですが、トロワさんのベースジャバー。

 フルスクラッチとのことでしたが、丁寧な仕上がりに、感心するばかりでした。

 その他にも、キョーカさんのアーマードメサイアや、かずをさんのフルアーマーガンダムなど、作りこまれた作品を拝見でき、わくわくしどうしでした。

 ちなみに、我が家からは、

    DSC_1998.jpg

 姉妹で参戦。

 持っていく前に、アルティメスのバーニアがなくなっているのに気付き、さらにレイザーのバーニアも運搬中に外れ・・・

 とはいえ、楽しみにしていた方にも見ていただき、感想を伝えていただき、嬉しかったです^O^

 また、後半は、プラとは関係ない話も含めて、いろいろお話しでき、楽しい時間を過ごすことができました。

 
 2次会では、ちょっとした夢のある話ができ、それを実現するには、ハードルが高いですが、やってみたいと思える素敵な話を聞かせていただきました。

 普段だと、仕事がらみののみが多いので、このように、趣味の話で盛り上がれるのって、改めてよい気分転換になると思いました^^

   
2012/11/03(土)
 MSVの高機動型ゲルググを組んでみて、いいな~どこ弄ろうかと悩んでいるうちに、ふと目に止まったのが、旧キットの1/144ゲルググ。

 そこで、簡単に仮組みをしてみました。

 DSC_1974.jpg

 顔がつぶれた感じが何とも言えません。

 ここはやはりもう少し小顔化したいところです。

 胸部の幅を左右で詰めて、肩の位置はもう少しあげて、足の接地性を高めて、足の付け根に角度をつければ・・・

 って改修プランを考えている!

 ちなみに、

 DSC_1975.jpg

 背面は、これはこれで好きです^^

 おまけにこれを組んだきっかけの、ジョニゲルとパチリ♪

 DSC_1976.jpg

 キットの進化がよく分かります^^

 これに、HGUCを並べることができれば、さらに比較ができて面白いのですが、今は我慢・・・

 ただ、ジョニゲルとのMIXも、少し考えた、リゲルグならある・・・

 あとで、詰まった時にパチ組みしてみることにします^^
2012/11/03(土)
 のどがまだ少々変ですが、旧キットに触れたい!

 と、まずは仮組みをしてみました。

 仮組みをしながら、関節などをどうしようか迷いつつ、昔のキットなのに、うまいこと考えてあるな~と感動してました^^

 DSC_1973.jpg

 このキットそのものは、それなりに良い雰囲気なので、これをどう弄るか・・・

 個人的には、腰回りのスカートをもう少し大きくしたり、ショルダーアーマーを少し大きくしてみたかったり、頭部を少しだけ小さくしてみたかったりと、アイデアはいろいろ^^

 ただ、それぞれのバランスが変わると、また印象が変わるので、悩みどころです(^_^;)

 DSC_1972.jpg

 まずは、脚部の関節の可動域を向上させ、その他の関節をいじりたいところです。

 なんにせよ、手探りで進むと思いますが、いろいろ考えていると、わくわくしてたまりません\^O^/

 今回は、ネタでなく、ストレート(?)に作ってどうなるのか、自分でも楽しみです^^
2012/11/01(木)
 何とかアルティメスコンペとレイザーコンテストに出品でき、ほっとしたのか、寒さのためか少々喉を傷めました(-"-)

 ちょっと、大事にしなければと思います。

 反面ちょっと頑張り過ぎなのかな~とも(^_^;)

 まあ、来年度以降は下手すれば、プラに触れる時間などほとんどなくなりかねないので、単純に足掻いているともいえるかもしれません(^^ゞ

 そういいつつも、自分からお願いしていた、FAコンペはアイデアはあって、少しだけ弄ってみたものの、結局落としてしまったりと、反省。

 これからは、もう少し考えて参加しなければと思います。

 そんな中ではありますが、まず参加することにしたのが、かずをさんによる、「ずをコンthird」

 このコンペ、参加者がなんと115名!

 こちらは、この機体で参加したいと思います。

DSC_1970.jpg

 ジョニーライデンゲルググこと、高機動型ゲルググ!

 これは、自分のMSVの原点06R,ザクキャノン、水中用ザクと並ぶものであります^^

 できれば06R-高機動型ザクで、エントリーしたかったのですが、入手できなかったので・・・

 この高機動型ゲルググをオリジナルカラーで攻めたいと考えています。

 期間は4か月ありますが、この間に他の物もちょこちょこ作っていくと思うので、早めに手を付けていきたいと思います^^

 ちなみに、今回の高機動型LOVEが刷り込まれているのだというのが、レイザーで痛感しました^^

     20121102_000249.jpg

 まだわかりにくい写真かもしれませんが、腰回りに6基、脚部にそれぞれ1基、背部にバーサーカーの2基とバーニアの集まり♪

 今回は、旧キットを使いますが、バーニアなどの部分にちょっとこだわって楽しみたいとものです^^

 | Copyright © てってけHobby日記・改 All rights reserved. | 

まとめ / Template by パソコン 初心者ガイド
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。