てってけHobby日記・改2013年11月

ガンプラを作ることを楽しみにしている、2児の父のブログです。 日々試行錯誤しつつ、楽しんで作っていきたいと思います。
2013/11/27(水)
 研修が午前で終わったので、Kit-Rという古いキットを扱っているお店に行ってきました(^○^)

 懐かしいものがいっぱいで見ていて楽しいのですが、現状の罪状況からするとプレ値のついているものなどはなかなか手が出せず・・・

 そこでふと目に留まったのが・・・コレ!!

   srDSC_3142 (2)

 お手頃な値段である300円(^○^)

 おまけに標準で、シールドの代わりに、写真の足元にある、リアクション・パーツなるものとシールドを交換できるというような余剰パーツ付きヽ(^。^)ノ

   srDSC_3142 (3)

 キットそのものは、古い物だけあって、バリやらヒケなどなかなか激しいものがあり、さらに懐かしさを堪能できます♪

 真面目に作り始めたら、相当なスキルアップ間違い無し!!といった具合でもありますヽ(^。^)ノ

   srDSC_3142 (4)

  実は、まずシールド欲しさに手を取ったのですが、組んでみるとなかなか楽しく、真面目に作ってみたい衝動に駆られます(^^ゞ

 ただ、それをやっているときりがなさそうなので、すでに接着を済ませ、昔ながらに筆塗りで塗装をして、まずは完成として楽しむ予定であります(*^^*)

 その後は、もしかするとあちこちの部品をはぎ取られる可能性が高いと思います(^_^;)

 こんなことなら、もう一つ買っても良かったな~とも思いました(^^)

 ちなみにこのキット 

 srDSC_3142 (1)

 「亜空大作戦スラングル」に登場した「チャンサー」というものです。

 昔見てはいましたが、名前を流石に忘れていました(^^ゞ

   

スポンサーサイト
2013/11/26(火)
 4月からの異動でちょっと頑張り過ぎてしまったので、なかなかプラモデルに触れることができず、弄っても完成しないという悪循環でした。

 そんな中ではありましたが、少しペースを落とせるようになったので、タムタム相模原店で開催される、「第4回P-1グランプリ」(今回はスケールモデル限定)に参加できるように、キットを仕上げることが出来ました。


 それは以前、前の職場の先輩から頂いた、ガールズ&パンツァーの「八九式中型戦車」ですヽ(^。^)ノ

    DSC_3131.jpg

 写真がぼけ気味ですみません

    DSC_3137.jpg

 携帯カメラで撮ったため、写真が全体的にぼけてしまい、使えないものが・・・(>_<)

 このあたり、Twitterで投稿していると、意識が甘くなってしまいダメだな~と反省。

 作品の方も、期日に何とか間に合わせようと考えつつ、ゲルググに浮気しながらだったのでそもそもコンペに出すなんて・・・と思いつつ、まず参加することで、学ぶことがあると思って挑戦しました。

 参加した方が、他の作品との差を意識できるので、良い勉強できるかな~と、甘い考え方ですが(^^ゞ

 ちなみに付属のデカールは、何かのキットを作って遊びたいな~と思って、使いませんでした。

 とりあえずは、今回で2度目のスケールモデルですが、前回の反省を生かし、黒立ち上げから黒い部分をできるだけ残すようにしたつもりが・・・

 ウェザリングの雑さも相まって、今一つ分かりにくいような気が…(^^ゞ

 ある意味、長男まこぴが作った、4号戦車の方が意外とよいのでは(^_^;)

 とはいえ、ウェザリングをそれなりに楽しめ、満足するのでした(*^^*)

 次に作るときに、さらに工夫していきたいものです^^

    DSC_3116.jpg

 ちなみにキットは、パーツが細かいですが、良くできていて作っていて楽しいこと♪

 この写真では履帯などまだつけていないパーツもありますが、密度が高く満足できます^^

    DSC_3118.jpg

 そこへ、黒サフを吹き付けました。

 このままでも、ボルトなどのディティールも細かいので、雰囲気が良いものです♪

 または、シルバーなども似合うのかな~と思いました(^○^)

    DSC_3122.jpg

 そこへ、オリーブドラブ(2)周囲の部分に残るように吹き付けてみました。

 この段階では結構良い感じだったのですが(^^ゞ

 もう少し手前でやめておけばよかったかな~とも思いました^^

 このあたりは、ガンプラでも黒立ち上げではあまり作っていないので、慣れが必要かな(^ω^)

    DSC_3132.jpg

 足回りには、タミヤのアクリルのウッディブラウンで泥汚れのつもりで、ウォッシングをしてみたものの、やり過ぎたかな~という気もします(^^ゞ

 その後、ちょこちょことリアルタッチマーカーのブラウンなどで錆のように書き込みをし、タミヤのウェザリングマスターのマッドを中心に汚しを加え、サンドで変化を付けました(^○^)

 最後は、お手軽にウェザリングマスターの定着も兼ねて、タミヤアクリルのパフをエアブラシでふわっと乗せるように吹き付けました。

 ウェザリングが甘かったところも、これで対応してしまいました(^_^;)

 もう少し退色表現など、工夫をしてみたかったのですが、ちょっと雑なつくりに・・・

 先ほど書きましたが、ウェザリングの勉強をする意味でも、また戦車を作って、次年度の「P-1グランプリ」に臨めるようにしたいと思いました(*^^*)

 



  

 | Copyright © てってけHobby日記・改 All rights reserved. | 

まとめ / Template by パソコン 初心者ガイド