ずをコン 高機動型ゲルググ その11

ガンプラを作ることを楽しみにしている、2児の父のブログです。 日々試行錯誤しつつ、楽しんで作っていきたいと思います。
2013/01/30(水)
 先日の制作会の新手の説明を兼ね、腕部の可動改造を簡単に説明します。

 前々回あたりで上腕部や前腕部の加工を紹介しましたが、全体がつながりました。

      DSC_2329j (2)

 前腕部には、手首側にエポパテを盛って、そこに、手首のパーツを押し込んで形をとりました。

 肘側には、3㎜のポリキャップをエポパテで固定してあります。

 肘の部分はコトブキヤのHIPS関節。

 キットのものが球体だったので、これを使いました。

 ちなみに引き出せばかなりの角度を確保できます。

 そして、上腕部には途中、ノコで切り込みを入れ、そこに0.5㎜プラ板を差し込んで固定しました。

 右はバランスを間違えて、修正してます。

 肩の部分は、挟み込みだったものをカットし、ポリキャップの3㎜ランナーを肩の関節部分に、1㎜の真鍮線を使って接続しました。

 ショルダーアーマーは、1.2㎜プラス0.5㎜のプラ板を間に挟んでいます。

 これらの加工が功を奏したのか、

      DSC_2329j (3)

 さらに、

      DSC_2329j (6)

 このように構えることができます。

 ライフルは、後ろの方がまだ未完成ですが、こんな長物を持たせたかったので、気に入っています^^

 あとは、サイドアーマーの接続をスプリングでして、頭部を簡単に調整して、もう片方のショルダーアーマーを整備すれば、大体の工作は終わりそうな・・・

 ずをコンの締め切りには何とか間に合いそうです♪
スポンサーサイト
この記事へのコメント
ゲルググも進みましたねぇ~。
長モノを構えることができるくらい動くなんて素敵です(´Д`;)。
締め切りまで日がないですが、てけさんの作品に
刺激を頂いたので自分もがんばります~(=゚ω゚)ノ
2013/01/30(水) 08:00 | URL | type920r #OcCsWlWY[ 編集]
Type920rさん

ありがとうございます(^o^)
嬉しいお言葉をいただき、
励みになります(^o^)
ディティールをどのように追加するか迷いますが、
何とか間に合わせたいものです♪

Type920rさんの、
デザートタイプも、
いい刺激になりました!
頑張りましょうね(^o^)
2013/01/31(木) 07:45 | URL | てけ #w86i.4LU[ 編集]
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

 | Copyright © てってけHobby日記・改 All rights reserved. | 

まとめ  / Template by パソコン 初心者ガイド